貸倉庫を活用して在庫管理や備品の保管などの効率化を図ろう

女の人

一時的な保管に便利

レディー

東大阪の企業においての業務では、いろいろな備品を使用しますが、その中には何回も使用しないものや、期間をおいて使用するものもあります。その様な使わない備品を保管する場所として、東大阪に自社倉庫を建築する企業もあるでしょう。長期に渡り保管する便品に関しては、東大阪にある自社倉庫で保管することがメリットは大きいですが、短期間での保管を考えている場合、貸倉庫で保管する方がよりメリットが大きいことがあります。自社倉庫の場合、建築に伴う初期費用が大きいため、より長く使用しなければその投下した資金を回収することができません。また倉庫の移転が難しいため、一定の場所に限らない業務を行っている場合には、使いにくいといったことが考えられます。

その点、貸倉庫を使用すると、それらの問題を解決することができます。貸倉庫であれば、まず初期費用を抑えることができます。そのため、短期間のみ保管が必要なものに関しては、自社倉庫を建築するよりも費用を抑えることができるというメリットがあるのです。また、移転もしやすいことから、倉庫を建築する様なものではない備品ついても気軽に保管することができます。

貸倉庫の会計上の処理については、形式上は賃貸取引であっても、その実質は資産を購入して使用していることと同じと考えられることから、ファイナンスリース取引として処理を行い、資産の費用計上方法と同様に費用処理を行っていきまず。この会計処理を行うことで、取引の実態を財務諸表に正しく反映することができるのです。

東大阪にも貸倉庫のサービスを行っているところは沢山あるので、活用を一度検討してみると良いでしょう。